背景

急速に成長するインドネシア経済に伴いその労働環境も急激に変化しています。この環境変化に対応していくために従業員への教育や経営陣の知識を向上させることはとても重要です。

KNKトレーニングを検討すべき企業

  • PKWTを使用している
  • アウトソーシングを活用している
  • 他社とのパートナーシップを締結している
  • 請負業者や下請け業者を使用している
  • 生産またはサービス業で500人以上の労働者を抱えている
  • 外国人労働者(TKA)を雇用している
  • 人材紹介会社
  • 金融業務のサービスをおこなっている
  • 公共交通機関に携わっている
  • 公衆衛生に関わるサービス分野
  • 国家政策に関わっている
  • 過去2年間で2回、労働災害を起こしている
  • 過去2年間で労働者によってデモや監督官庁への陳情が3回発生している

もし上記の条件に当てはまる場合、KNKのトレーニングにおいて人事担当者とリスクマネジメント担当者を設置することをお薦めします。

 

KNKとは

政府認定人事スタッフ労働規範資格取得講座

インドネシア共和国人材育成大臣令労働基準幹部育成ガイドライン(KNK)(2014年法律第257号)

 

目的

KNK研修は人事担当者およびマネージャーが人事管理と労働リスクについての知識とスキルを学ぶことができます。

 

講習と時間

KNK講習には3種のコースがあります。

  1. 人事マネージャー講習 初級(50時間のトレーニング/ 5日間)
  2. 人事マネージャー講習 中級(40時間のトレーニング/ 4日間)
  3. 人事マネージャー講習 (30時間のトレーニング/ 3日間)

 

受講に必要な条件

企業に在籍しており最終学歴が高校卒、18歳以上、心身ともに健康な人物。会社からの推薦状も必要です。

指導者

人事・労務の専門家や医師など

TOP