国内実習生制度(マガン制度)・PBK

国内実習生制度・PBK(2003年労働法令第13号 / 2009年労働移住大臣通達第22号)

インドネシア労働移住省認可の国内職業訓練の制度です。

18歳以上の青年に対し、訓練プログラムに準じて実務経験をもとに勤怠管理、知識、技能を習得させ、労働意識、能力、生産性の向上を目的として実施されます。

国内実習生制度(マガン制度)導入に向けてのサポートを行います。

弊社では実習生の紹介から労働省への申請まで包括的にサポートを行っております。

※実習生使用可能人数枠は、企業様の直接雇用人数(正社員、契約社員合計)の30%までとなります。(2009年労働移住大臣通達第22号による)

国内実習生制度(マガン制度)導入のメリット

  1. 企業は実習生を社員として雇用することなく仕事に従事させることができます。
  2. 国内実習生制度(マガン制度)は一年間で終了しますが、その間の勤務態度や能力を考慮して研修期間終了後は正社員として雇用することも可能です。
  3. 国内実習生制度(マガン制度)を利用することはCSR活動の一つでもあります。つまり企業価値を高めることが可能となります。
TOP